わが国の母の日の由来とは

category01

母の日はわが国でもすでに定番のイベントとして定着していますが、実は世界各地でも母に対する感謝を込めて母の日が祝われています。

母の日情報探しのサポートをいたします。

わが国では5月の第2日曜日とされているものの、世界全体をみればかならずしもこの日付にはなっておらず、別の日が選ばれているケースも少なくはありません。基本的にわが国でこの日付となった背景には、アメリカの影響が挙げられており、母の日がはじまった由来も、やはりアメリカのものを踏襲したものといえます。そのアメリカの母の日の由来ですが、南北戦争の際に負傷兵を支援した地域の女性たちのリーダーの娘が、亡くなった母の業績をしのんで教会で記念の催しを行い、その際に白いカーネーションの花を祭壇に飾ったことといわれています。

これがやがてはアメリカ全土に広がりましたが、母を亡くした人は白いカーネーション、母が健在な場合は赤いカーネーションがシンボルとなって、これがわが国にも引き継がれました。



実はわが国における母の日の歴史は意外と古く、すでに明治時代の終わりから大正時代にかけてのころから、キリスト教系の学校を中心に広まったといい、大戦で破れたわが国にアメリカからの進駐軍がさまざまな文化を伝えたこともあいまって、戦後にさらに普及をみせたといいます。


現在ではデパートや花屋の店頭に行けば、カーネーションの花束とともにさまざまなギフトが販売されている光景を目にすることができるようになっており、その影響のほどがわかります。



母の日の予備知識

category02

「母の日」という記念日は、1955年に誕生しました。世界各国で日本のみしかない記念日で、日頃の感謝を母親に伝えるという記念日として現代日本に定着しています。...

subpage

難しくない母の日

category02

母の日は毎年5月の第2日曜日というのはわが国でも広く知られているところです。この時期にデパートやコンビニエンスストアなどに出向けば、母の日のために贈り物として使えるようなさまざまなグッズが売られていることからもそれとわかります。...

subpage

母の日の基本知識

category03

わが国では5月の第2日曜日を母の日として祝う習慣が既に確立され、この時期になるとカーネーションやその他さまざまなプレゼントを販売する店舗がまちなかで目立つようになります。もちろんこのような風習はもとから日本にあったわけではなく、アメリカから入った風習といえます。...

subpage

母の日のテクニック

category04

母の日は、多くの子供には、子供の頃からの年中行事となっています。子供にとって、自分の母親に感謝の気持ちを表すためには、母の日という国民的行事日が良い機会となって、役に立っています。...

subpage