日本では、はっきりいって、水の困ることはないです。兎に角、水は無料で手に入る、と言われている程です。実際問題としてはコストはかかっています。水道だって契約する必要がありますから、どうしても無料とは言い難いです。

しかし、そのくらい綺麗な水が容易に手に入ることは確かであり、それは今でもそうです。しかし、そんな中でもウォーターサーバーが普及し始めています。業者数も増えていますし、市場は確実に拡大しています。それこそ、オフィスはともかくとしては、一般家庭ではそれなりに裕福でない限りはなかなか売れないとされていたウォーターサーバーとその水のボトルですが、マンションなどでは平均的な収入の家庭でもよく使うようになっています。

純粋にマンションは水がどうしても不味い、ということがあるからです。どうしても貯水タンクからの配水には、水を不味くする要素が多くあります。生活用水としては問題はないが、飲むのは避けたい人が増えているわけです。その為、ウォーターサーバーの需要が高まっています。

これは消費者としてはよいことが多いです。具体的にいいますとスケールメリットが発揮されるようになるからです。多くの人に供給できるようになりますと大量生産によって、コストが下がることになります。それは商品の提供の金額にも影響します。

また、業者間の競争を促すことになりますから、普及するのはよいです。どんどん積極的に普及していくことが消費者としてはメリットになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です