家庭でおいしい水を飲みたいと思うなら、浄水器がおすすめです。その場しのぎでペットボトルを買い込むのも悪くありませんが、重い配達を毎回依頼するのも気も引けますし、ボトルはあっという間に山のように溜まってしまいます。流行のウォーターサーバーでも水を持ってきてもらう必要がありますし、小型といってもサーバーは置くスペースを取るので手狭な家ではあまりおすすめできません。その上、サーバーを衛生的に保つのも意外と面倒とデメリットもあります。

家電ショップやメーカーサイトには様々なタイプの浄水器が並び、それだけでもどれを選べばいいのか迷う上、値段も気になるところです。まずはどの程度の浄水を求めるのかにもよりますが、高機能な大量浄水型なら据置きと大きめで値段も高くなりますし、蛇口取り付け型で基本的な浄水機能だけならそれほど値は張りません。自宅で普通蛇口をひねった時にクセのない、口当たりのよい水が飲みたいというならそこまで多機能でなくても問題はないでしょう。水の使用量が一定に達した頃にフィルターを取り替えなくてはなりませんから、本体価格だけに飛びついてしまい、フィルター取り替えが頻繁に必要だったり、高いフィルターで結果的には割高になってしまったというのは避けたいものです。

浄水器はどれも長期的に見ればペットボトルやサーバーなどよりずっと経済的ですが、本体がシンプルでかさばらず、フィルター価格を含めてコストパフォーマンスがよいものがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です