浄水器はきれいでおいしい水を飲むために使うものですから、購入する時には浄水性能が気になるのではないでしょうか。浄水性能を比較するにはどのような濾過方式を採用しているかが目安になります。浄水器に最も多く使われているのが活性炭方式です。活性炭は水道水に含まれる不純物を吸着して取り除き浄水します。

また、活性炭は冷蔵庫や靴の消臭剤として利用されていることからもわかるように消臭作用があり、カルキ臭を取り除いてくれます。活性炭と組み合わせて使われることが多いのが中空糸膜方式です。マイクロフィルター方式などとも呼ばれ、活性炭では取り除ききれない赤さびを取り除いてくれます。浄水性能の高さを誇るのが逆浸透膜方式です。

逆浸透膜は海水を真水に変えるほどの性能を持ち、ウイルスや病原菌さえも取り除きます。ホテルやレストランで採用されることが多かった逆浸透膜方式の浄水器ですが、最近は家庭用も登場しています。浄水性能の高さだけを比較すれば逆浸透膜方式に軍配が上がります。ただ、活性炭方式や中空糸膜方式と比較すると価格は高く、一度に浄水できる水の量が少ないというデメリットがあります。

また、あらゆるものを濾過してしまうために水分中のミネラルも除去してしまいます。その分、水の美味しさを感じることはできないかもしれません。最適な浄水器は生活の中でどのように水道水を使い、どのくらいの量を浄水したいのかで変わります。飲水としてとにかく安全な水が欲しいというのなら逆浸透膜方式が良いでしょうし、手軽に不純物を除去したいというのなら活性炭方式や中空糸膜方式が良いでしょう。

据え置きの浄水器のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です