キッチンのシンク上のスペースを確保したまま浄水器を設置したいという人におすすめなのが、アンダーシンク型の浄水器です。その名の通り流し台の下に本体を設置するタイプで、造り付けのシステムキッチンの中には最初から備え付けてあるタイプもあります。最大の特徴はシンク回りがすっきりするとともに、水栓のデザインも自由に変えることが出来る点です。据え置き型の場合は、どうしてもシンクで存在感が出てしまいますが、アンダーシンク型であれば、水回りをすっきりと洗練されたものにすることができます。

肝心の浄水機能についても据え置き型と同じように高機能になっており、製品によってはろ過機能だけではなく、炊飯に適した軟水を生成できるものや、定期的に飲むことで体質改善にも効果的なアルカリイオン水等を生成することが出来るものも増えてきています。そのため好みによってより高機能な製品を選ぶこともできます。フィルターについても大きいサイズが取り付けられているため、大体1年に1回程度の交換で十分に浄水機能を発揮してくれます。一方、デメリットとしては取り付けをするためには本体価格とは別に工事費を払って、業者に依頼しなければいけません。

加えて本体価格自体も2万円台から10万円程度もするので、取り付け工事費用と合わせると4~5万円の初期費用が必要になると考えておいた方が良いでしょう。このような特徴を持つアンダーシンク型の浄水器を取り付けようとする場合は、住宅の新築やリフォーム時に行うことが適しているでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です