水道水をより安全に使用することができる浄水器にはいくつかの種類がありますが、選ぶ際は気を付けなければならない点があります。主な種類として、直接蛇口に取り付けて使用する蛇口直結型は一番多く使われています。このタイプはコンパクトで簡単に取り付けることが可能で、購入後すぐに使用して効果を確かめることができます。また、フィルターの交換も簡単で、浄水器の中で本体価格は安く、野菜を洗う、米を研ぐなど普段の炊事に使いやすい点が魅力です。

購入する際は、フィルタの機能や、カートリッジのランニングコストを確認する必要があります。そして、キッチンのシンクに直接設置して使用する据え置き型は、水道水から引き込んだ水をろ過して使用します。シンクですぐに使用することができて、本格的な機能を持つ点が高い評価を受けています。このタイプは本体が大きいのでフィルタが長持ちしますし、カートリッジの交換時期も長いため、ランニングコストも安心できます。

それから、ろ過機能だけではなく、水のおいしさにこだわって作られたものが多いという特徴があります。浄水器には、ポットの中にカートリッジを組み込んでいるポット型のものもあり、水道水を注ぐだけでろ過することができます。このタイプは、持ち運びがしやすいものや冷蔵庫に収納しやすいもの、カラフルなものなど様々な種類があるのが魅力です。浄水器を選ぶ際は、まずはどのような目的で購入するのかを整理することが必要です。

カルキ臭を除去しておいしい水を飲みたい場合は、蛇口直結型か据え置き型が適しています。微生物などを除去したいと考えているなら、大型の浄水器を購入する必要があります。さらに、カートリッジは消耗品なので、ランニングコストを考慮することも大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です