浄水器は水道の水をより安心・安全に使うための装置です。浄水器は蛇口や給水栓に設置し水道の水をきれいにすることができ、水道の水を浄水フィルターに通すことによって塩素やカルシウム、有機物や微生物などを除去することができます。フィルターはカートリッジ式で組み込まれていて、定期的にカートリッジを替えることによって浄水機能をキープすることが可能です。浄水器にはさまざまな種類があり、形状や値段もメーカーによって異なります。

蛇口直結タイプは、蛇口に直接取り付ける浄水器で、最も多く使用されています。比較的安価で取り付けやすいのが魅力です。据え置きタイプはシンクトップとも言われており、シンクに浄水器を設置し使う方法で、蛇口型よりも大きいのでフィルターが長期間長持ちしし、ろ過機能にも優れています。アンダーシンクタイプは、キッチンの流し台の下に設置するもので、システムキッチンには既に備え付けているものもあります。

メリットとしては邪魔にならず、すっきりと置くことが可能です。ポットタイプは、ポットの中に専用カートリッジを組みこむタイプで、水を注ぐと浄化することができ、持ち運びするのに便利です。シャワータイプは、お風呂のシャワーに設置することで肌に優しい水にしたり、髪を洗ったりスキンケアに気をつけている人に好評です。ストロータイプは、ストローのように使うことでろ過することができ、災害などで水の安全性が維持できないような時に便利で防災グッズとして備えておくと安心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です