浄水器といっても沢山の種類があり形も価格も性能も違います。また、利用する目的も環境も違いますから、おすすめの浄水器も利用する人によって異なってきます。購入してよかったと思えるように事前に選ぶポイントを知って選ぶことが大切です。まずは、どんな使い方をしたいのかを考えましょう。

水道水ではなんとなく不安だから、カルキ臭を取り除きたいからという理由なら手軽に使える蛇口直結タイプの浄水器がおすすめです。価格も安いものが多く、購入して自分で取り付けられるのですぐに利用できます。赤ちゃんのミルクにはできるだけ綺麗な水を使いたいというのなら、浄水性能が高い据え置きタイプやビルトインタイプのほうが良いでしょう。逆浸透膜方式ならほぼ純水を飲むことができます。

浄水器の設置場所もポイントになります。キッチンが狭い場合は据え置きタイプは料理の邪魔になってしまうでしょう。賃貸住宅ならシンク下から穴を開けて上部に給水口を出すビルトインタイプを設置することができません。性能は劣っても蛇口直結タイプかポットタイプを利用することになります。

また、コストについて考えることも重要です。本体価格だけではなくフィルター交換にかかるランニングコストも考慮しましょう。フィルターを交換する時期は使う水の量が影響します。1日あたりどれくらいの量の水を使い、その量に対して1年間に何回くらいフィルター交換しなければならないのかを計算すればおおよその年間コストがわかります。

他の人のおすすめが必ずしも自分にあっているとは限らないので注意しましょう。利用目的、大きさ、コスト、浄水性能を掛け合わせて検討すれば自分にとってのおすすめ浄水器が見つかるはずです。風呂の浄水器のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です