・ソ 審美歯科のメリットとデメリット

審美歯科のメリットとデメリット

一口に審美歯科と言っても、その具体的な治療の中にはセラミック治療、歯のクリーニングやホワイトニングなどがあります。

これから治療に望む人は、それらの特徴について事前に知っておくべきだと言えますし、メリットとデメリットについても正しく理解しておかなければならないでしょう。



まずは審美歯科のセラミック治療ですが、それには様々な種類の素材があります。

素材によって強度も審美性も費用も異なりますので、自分の希望に最適な素材選びも重要となるでしょう。

表参道の審美歯科関連情報サイトです。

たとえば歴史の長いメタルボンドなら信頼性が高いですし、色が歯と似ていて見た目が良いというメリットがあります。
ただし金属が溶け出すと歯ぐきの変色や金属アレルギーなどの可能性もあり、人によっては大きなデメリットとなってしまいます。
また、プラスチックにセラミックを混ぜて硬くしたハイブリッドセラミックなら、金属を使用しないし硬過ぎることもありません。

ですからアレルギーの心配もありませんし、周囲の歯を痛めることもありません。

しかし保険外の治療となってしまいますので高価です。

それに歴史が長くないので、長期的な予後については未知の部分があります。

また、審美歯科で人気の高いホワイトニングのメリットは、白さがしっかり定着してくれる割には歯へのダメージが殆どないことです。

それに家庭でも手軽に行えますし、奥歯を含めて歯の全部を白くすることが可能です。

しかし効果が現れるまでに最低でも2週間以上必要になりますし、毎日続けるためには根気も必要です。

このようなデメリットもあるのです。

Girls Channel情報サイトについて考えます。