・ソ 歯周病を見逃さないで~初期症状はどんなものか

歯周病を見逃さないで~初期症状はどんなものか

歯周病は原因菌に感染することで起こる疾患です。

原因菌は歯磨きなどでは落としきれなかった汚れの中に、膨大な数、潜んでいます。



ですから予防に関しては、まずは毎日、丁寧に歯磨きをして汚れを溜めないことが求められます。歯周病は症状が進行すると、最悪の場合、歯が抜け落ちてしまうこともあります。

これは原因菌によって歯を支えている歯槽骨が溶かされてしまうためです。

また口腔内だけではなく、動脈硬化や心臓病、脳梗塞、更には認知症や糖尿病との因果関係も指摘されているのが、歯周病の恐ろしいところです。

そのため予防は勿論ですが、もし発症してしまった場合には初期症状を見逃さず、早期に治療を受け進行を食い止めることも必要です。


初期の段階でも強い痛みが来る虫歯とは異なり、歯周病の初期症状は比較的、わかりにくいとも言われています。

ですが、まず初期症状として挙げられるのは歯の疼き、歯肉の疼きです。何か歯や歯肉がむず痒いような気がすると言う場合は、とりあえずの異変を疑った方が良いです。

また歯肉がぶよぶよとしてきた、膿んだような状態になってきたと言う場合も要注意です。それから口臭です。

口腔内が乾燥している時などは口臭が強くなりやすいですが、歯周病の場合、細菌感染によって常に口腔内から口臭がすることが多いです。



腐敗臭、また血の臭いがする場合は注意が必要です。

Girls Channel情報サイトについて考えます。

血の臭いに伴い、歯茎からの出血も初期症状のひとつに該当します。


また歯と歯の隙間が目立ってきたと言う場合も注意が必要で、そこから歯がぐらついてきたと言う症状がみられる場合には、症状がある程度、進行していることも疑われるので歯科にかかることが推奨されます。