母の日のはじまりとは

母の日は毎年5月の第2日曜日というのはわが国でも広く知られているところです。
この時期にデパートやコンビニエンスストアなどに出向けば、母の日のために贈り物として使えるようなさまざまなグッズが売られていることからもそれとわかります。


またカーネーションは母の日の定番の贈り物とされており、花屋の店頭も大きな赤い花束でたいへんにぎやかになります。

この母の日のはじまりについては実は諸説あって本当のところはわかりませんが、現在のところはアメリカであった出来事がその起源とする説が有力です。

南北戦争はアメリカの歴史に残る激戦となりましたが、そのようななかで女性たちが集まり、敵味方の区別なく負傷した兵士たちの看病をしたことが知られています。

母の日のホームページをチェックしましょう。

そのリーダーとなっていた女性が亡くなると、地域では彼女をしたう人たちによって記念の会が営まれましたが、そのときに会場となった教会に赤いカーネーションが届けられたというのが由来とされます。このことは戦前からわが国にも紹介されており、宣教師の手を通じて細々とお祝いが行われていましたが、それが先後になってからあらためて注目されるようになりました。



このようにわが国にもともとあった行事ではないことはたしかですが、家庭のなかでは母親が果たす役割の大きさは、洋の東西を問わずいっしょです。


わが国でもしぜんにその趣旨が理解されるようになって、今日のように盛んになったとみることもできます。